看板

1.1 機能概要

看板は、ユーザが登録したトップページとする。リソースナビ、リソース権限バインディングとユーザ分離機能を持つ。パブリックプロジェクトをこの形でエンドユーザにリリース可能( 「パブリック看板」と呼ばれる)、一方、分析者となるユーザが必要に応じてトップページを作成可能( 「マイ看板」と呼ばれる)、この2種類の看板の内容が同時に同じユーザ看板画面に編集可能である。

./img/255

1.2 看板管理

1.2.1 機能概要

リーダは、プロジェクトのチャート、ストーリー等を作成するメンバーとは別で、プロジェクトの作業を行わないが、各プロジェクトの作業結果——チャート、ストーリー等の確認を行う。その場合、リーダがコンピュータ側のユーザ看板画面とスマホ側のAPPでチャート、ストーリー等を確認できる。コンピュータ側のユーザ看板画面とスマホ側のAPPに表示されるチャート、ストーリー等の内容は、マイ看板管理とパブリック看板管理で設定可能。これらの内容が、作成した該当業務ディレクトリに保存される。コンピュータ側のユーザ看板画面で、業務ディレクトリにチャート、ストーリー等が存在する場合、ユーザがシステムに登録するとき、システムでデフォルトとしてマイプロジェクト画面ではなく、ユーザ看板画面がオープンされる。これで、リーダがビジュアル化の地図テーブル、ストーリー等の内容を確認できる。コンピュータ側のユーザ看板に内容がない場合、システムに登録した後、デフォルトとしてマイプロジェクト画面がオープンされる。リーダが看板の業務ディレクトリ配下のチャート、ストーリー等の内容を再生/確認できる。

1.2.2 ユーザ登録

ユーザがシステムに登録した後、コンピュータ側のユーザ看板にチャートとストーリー等のリソースが存在する場合、デフォルトとしてコンピュータ側のユーザ看板画面がオープンされる。下図の通り:

./img/273

コンピュータ側のユーザ看板に、チャートとストーリー等のリソースが存在しない場合、デフォルトとしてコンピュータ側のユーザ看板画面がオープンされる。下図の通り:

./img/274

1.2.3 パブリック看板管理

下図のように、メニュー「システム設定」の「パブリック看板管理」を押下し、パブリック看板管理画面に切り替える。パブリック看板管理とマイ看板管理との差異として、パブリック看板管理のチャート、ストーリー等のリソースは、作成したパブリックプロジェクトから追加されるもので、パブリックプロジェクトのチャート、ストーリー等のリソースを確認するのに権限を渡さないといけないことである。つまり、マイ看板管理に追加したチャート、ストーリー等のリソースは、作成したマイプロジェクトから追加されるので、当該ユーザのみ確認できる。パブリック看板管理に追加されるチャート、ストーリー等のリソースは、作成したパブリックプロジェクトから追加されるもので、当該リソースを確認する権限を持つユーザであれば確認できる。パブリック看板管理で、ディレクトリの作成、削除、編集、ソートとリソースの削除、編集、ソートなどの操作、およびリソース管理機能の追加、削除は、マイ看板管理と同様である。上記のマイ看板管理の機能説明を参照。

./img/284

下記、パブリック看板管理の権限設定機能を詳しく説明する。パブリック看板管理画面の右上の「看板権限設定」ボタンを押下すると、 「看板権限設定」画面が出される。下記3図の通り、左側にユーザ、ロール、組織の3つのタブがあり、切り替えることが可能である。右側はパブリック看板管理のディレクトリとそのリソースである。左側でユーザ、ロールまたは組織の3つのタブの何れかのオプション(例えば、人、組織)を選択し、右側のディレクトリのリソースを一部選択したら、複数内容を複数回選択することが可能、1件の内容に複数のリソースに対応することも可能。 「確定」ボタンを押下すると、選択/削除した内容がリソースと合わせて保存される。ユーザがあるロール/組織に所属する場合、そのロール/組織が持っているディレクトリとリソースの確認権限を持つ(具体的なユーザとロールと組織の関係は、ロール管理と組織管理の部分を参照。)右下にユーザ看板画面がチェックされていることだけ表示される場合、ユーザが再生時に左側のシステムメニューバーが隠蔽される。

./img/285

./img/286

./img/287

1.2.4 マイ看板管理

下図のように、「ユーザ看板」画面で右上の「マイ看板管理」アイコン./img/275 をクリックする。右上の「デフォルトリソース再生設定」./img/276 をクリックすることでユーザ看板にてデフォルトとしてオープンされるチャート、ストーリー等のリソースを設定することが可能。

./img/277

「マイ看板管理」画面に入る。下図の通り:

./img/278

右上の「ディレクトリ作成」アイコンをクリックし、ディレクトリを作成できる。右上の「戻る」アイコンをクリックしたら、./img/279 ユーザ看板画面に戻る。ディレクトリの右側の「プルダウンリスト非表示」アイコンをクリックしたら./img/280 、ディレクトリに存在するチャート、ストーリー等のリソースを確認できる。また、ディレクトリのリソースに対して削除、編集、ソートなどを操作可能である。ディレクトリ作成時に選択したディレクトリカバーはスマホ側に表示可能。下図の通り:

./img/281

ディレクトリバーでの「リソース管理」ボタンを押下すると、「リソース追加」画面が出される。左側のプロジェクトのチャートとストーリー等のリソースをダブルクリック/ドラッグして、右側のディレクトリに追加することが可能である。デフォルトとしてコンピュータ側とスマホ側の両方で確認すること。追加/削除完了後に「確定」を押下すればよい。

./img/282

「リソース管理」の右側のアイコンをクリックし、外部リソースのリンクを追加することが可能。即ち、SaCa DataVizに入っていないリソースのリンクを追加することで、ユーザ看板で確認する。

./img/283

1.3 画面にリソースが1件のみ表示

config.jsのkeepOneBoardResourceInPageがtrueに設定され、看板にリソースが1件のみあり、且つ、左側のメニューが隠蔽として設定される場合、看板に表示されるリソース内容は下図の通り:

./img/256

results matching ""

    No results matching ""